ハンニバルのブログ

2017年10月

あるがままに
詩は良いね 高杉晋作は若くして肺結核で瞑目した。詩や歌を多く残しているから解かるのであるが、その志の高さと純粋さに心を打つものが多くある。その中から詩を一つ紹介しよう。「書を読んで深く思いをめぐらせば、心の病日々に治まる。斯くも効く薬石を知らず、十年下獄 …

このページのトップヘ