ハンニバルのブログ

2017年01月

おとこ達の賦
  十歳の春には、論語・孟子・大学・中庸といった所謂、四書の素読を終了して、復習の時期に入っていた。 ――学びて時に之を習ふ、亦説ばしからずや、である。 忠次郎は、記憶が良く、一を聞けば十を知る理解力があり、聡明である。しかも、心根が善いのである。 貞然 …

このページのトップヘ