ハンニバルのブログ

2017年01月

おとこ達の賦
吟味のため十カ月の間、江戸小伝馬町の三間牢に入っていた栄五郎が、佐渡に送られてきたのは、遅咲きの越後の桜の花びらが、風に舞う時季であった。 佐渡カ島の中北部に金北山(一一七二メートル)がある。南面の山裾の平地に間口三間(五・四メートル)奥行十間(一八メー …

このページのトップヘ