017



















録 宮城刑務所の凶悪犯

新・翔  遊

六 天  舜

法律、塀、鉄格子に肉体は縛られても精神と心までは縛ることができない。縛られない心は塀から飛び出して、宇宙の彼方までぶ。

 

 

 

 

 

は じ め に

 仙台藩祖・伊達政宗が若林城を一六二七年に築いた古城の土地を一八七二年警視庁が伊達家から買い上げる。翌年、宮城集治監を設置。中央に四階建ての塔(六角塔)があり、二階六棟の房が放射線状に出てパノプティコン(雪形六角の構え)と呼ばれる建物を建てた。

 一八七七年(明治十年)西郷隆盛が指揮した西南の役の際の捕縛者を収容した。

一九二二年宮城監獄を宮城刑務所と改名した。

 現在は無期刑及び刑期十年以上のLBと区分された受刑者が、一二〇〇人から一三〇〇人収容されている。

国家権力の恣意により悪戯に、人権を無視された野獣の掃き溜めの様相を示していて、看守の恣意的圧力により、泣くことを忘れ自己のアイデンテティを守るため道化と化している者が多くいる。

 特に、社会で新聞やテレビといったメディアを賑わせた者たちは、行った犯罪と宮城刑務所での生活との乖離があればあるほど虚構の世界に陥っている。

 無期刑を服役しているものは、その重圧から逃れるように、架空の世界の主人公になり大言壮語を吐き周囲の受刑者の顰蹙をかっている。

 しかし、無期を努めている者が必ずしもそうであるとはいえず、「三菱ビル爆破犯」の黒川君などは、株の研究をしている。小説を書いている者もいる。

 僕が服役していた時に、特別に親しくして戴いた[新宿四夜交番爆破事件]の首謀者である左翼の鎌田氏は、マルクス・レーニン主義者であるので、神や仏の存在を否定する立場でありながら、初対面の時、この人は禅でもやり、かなり高い境涯に至っている人ではないかとすら思える位、強烈な印象を僕に与えた。

 「桶川ストーカー事件」の実行犯である久保田祥史君は、宮城刑務所新入訓練で同じ部屋に入っていた。

出身が埼玉県であるので特に、親近感も生まれ彼は僕に「桶川ストーカー事件」の隠された部分と顛末を話してくれた。

 民主党の「石井絋基衆議院議員・殺害事件」を起した伊藤白水君「仙台アルバイト女性殺人犯」の平間龍治君。テナー演奏者の渡辺貞夫の兄を殺し強盗をやらかした中氏・新左翼で「東アジア反日武装戦線」のサソリを名乗っていた黒川芳正君等の宮城刑務所に当時、服役をしていた者の中には、一般社会で「凶悪犯」と言われた者は数限りなくいた。そうそう、マブチモーター強盗殺人事件を犯した小田島君は、宮城刑務所で共犯の守田君を知り、計画を練り実行したのである。

 僕は未決通算が四年もあったので、宮城刑務所には約八年服役したが、彼らが起した事件は重大であり非難すべき点は多くあるが、その事件を起こした凶悪犯達の宮城刑務所での日常の素顔を紹介したいと思っている。

二〇一二年十一月 一日   

大沼公園に鴨が十羽飛来してきた日

六 天  舜

目      次

はじめに              二頁

  1.   小菅から仙台へ             四頁

  2.   桶川ストーカー事件の実行犯       八頁

  3.   仙台アルバイト女性殺人犯        一四頁

  4.   山一証券代理人弁護士夫人殺人犯    一八頁

  5.   石井紘基刺殺犯            二二頁

  6.   マブチモーター社長宅殺人放火犯    二六頁

  7.   深川通り魔事件の実行犯        三〇頁

  8.   東アジア反日武装戦線 サソリ     三五頁

  9.   ナベサダ兄強盗殺人犯         三九頁

  10.   友よ いつ帰る            四三頁

  11.  おわりに             四九頁              

     

 

 

 

 

 

 

桶川ストーカー事件の実行犯

 領置調べを終えた僕と岸本氏は、看守二人に連行をされて新入訓練をする者を収容している西舎に行った。

 新入訓練の担当看守による簡単な聞き取りがあり、新入房の雑務をやっている者達の食堂でカレーを出され、バナナも一本デザートとしてなのか付いていた。

「六天さん。貴男六本木の『リスボア』というカジノへ行った事がありますか」

「ええ、良く行きました」

「東京拘置所でお会いした時から、どこかで見た顔だと思いました。それにしても、荒っぽい事をしていましたな」

「今、思うと恥ずかしい限りです」

 岸本氏とこの様な会話をして、食事を食べ終わると担当が来てこれから入る房を告げた。

「六天三房・岸本一房・先に入っている者と喧嘩などするなよ」

 先に、岸本氏が一房に入れられて次に、僕が三房に入れられた。

「よろしく頼みます」

三房には四十代の一人の男がいた。マッチョで研ぎ澄まされた眼をして、人の心を覗きこむような深さがあった。

(社会で相当辛い眼にあったな…)

「僕は、埼玉県の越谷出身で久保田祥史と申します。刑期が長いですので宜しくお願い致します」

「刑期が長いと言うのは相当な事をやってきたのですか」

 一瞬間を置いて久保田君は応えた。

「懲役一八年です・・・」

 それ以上、事件のことに付いて話はしたくないと感じたので、それ以上聞こうとは思わなかった。

「大変ですね。事故を起さず務めれば。仮釈放がありますから、腹が立つ事があっても我慢をして務めて下さい」

「有難うございます。それから、この新入訓練は細かくて色々規則がありますから、解らない事がありましたら僕に聞いて下さい」

「ありがとう。歳を取っているから迷惑をかける事があると思うが、宜しく頼みますよ」

 こうして、久保田君との二人の生活が始まった。

 五日目に舎房の通路を行ったり来たりして、舎房の中にいる者の食事を配当したり、作業の材料を出し入れする係で、背中に刺青を入れた如何にもやくざ風の雑役夫が、三房の前の食器抗の前に来て周囲に看守が居ないのを見計らって話した。

「この部屋に一房から岸本さんと姜さん。それに菱の松野組の若頭が転房になります」

 それだけ言うと、周囲を再び見回しながら房の前から去って行った。

「賑やかになりますな。久保田君」

「僕は、余り賑やかなのは嫌いです。静かにしていて人とあまり話をしたくないのです」

「そうですか。随分と今度の事件では、検事や裁判所で痛い目にあってきたのでしょう」

「まあっ、人を殺した事は間違いがないのですが、マスコミが、変に騒いだから実際の事件とは全く違う事実になってしまいました」

「事件のことを聞くのは失礼と思うが、差しさわりが無かったら僕に聞かせてくれるかな」

瞬時、躊躇っていたが、久保田君は重い口を開いた。

「僕の事件は『桶川ストーカー事件』です。新聞やテレビで御存じでしょう」

 僕は宮城刑務所に移送されるまで接見禁止が、四年間続けられたので新聞を読む事も週刊誌を見ることも出来ず、夕方六時から始まり九時の就寝時に消されるラジオしか情報源が無かったので、そんなことも聞いたような事があるとしか認識は無かった。

「一体どのような事なのですか事件は・・・」

 

俗にいう「桶川ストーカー事件」と言うのは、一九九九年十月二十六日午後0時五十三分頃、埼玉県桶川市の路上で、桶川市在住の女子大生(二十一歳)が男に左胸と脇腹を刺された。男は逃走し、女子大生は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。女子大生にストーカー行為をしていた元風俗店経営者・小松和人(二十七歳)首謀の殺人とされているが、小松和人も十月一日に北海道で自殺をした。

この事件の実行者が久保田君であった。

「マスコミと言うのは酷いですね。僕は新聞や週刊誌で随分叩かれました。勝手な事を書かれてもそれは違うと反論する訳にも行かない程。世間が湧きかえっていました。新聞や週刊誌は事実を書かないのですね」

 と、言いながら唇を久保田君は噛んだ。

「そうですね。メディアは売れれば良いという事が、第一だから事面白く書けばそれで好く、反論を出来ない犯人を好い事に書きたい放題。真実とは何かという事はそっちのけで馬鹿みたいなことばかり書いているよ」

「僕の事件は、僕が女性を殺したのは間違いがないことは確かです。でも、動機や事件の流れは違います。僕がお金を貰って殺し屋みたいに裁判所で言われましたが、あの時は腹が立ちました」

「どうゆうことなのです」

「北海道で自殺をした。小松和人さんに、僕は返しても返せない恩義がありました。それは僕が昔、住吉連合の越谷にある中里一家の若い衆でいたのですが、有る事がありやくざに愛想が付き親分に言わずに堅気になってしまったのです。当然、中里一家は怒りました。僕は探しまくられ埼玉には逃げ場がなくなり、池袋に行ったのです。ここで風俗店を経営していた小松さんに出会ったのです」

「それでどうしましたか」

「僕は事情を話して、匿ってくれるようにお願いをしました。小松さんは僕より若いけど腹の大きい人でした」

「話が飛ぶが、腹の大きい人が何で自殺なんかするのですか」

「その件については、後で話しますけれどとにかく、小松さんは中里一家に追われているのを承知で僕を匿ってくれたのです。そして、自分の身は自分で護れなくてはいけないと言って僕を極真空手の道場に通わせてくれました」

「小松君と言う男は、なかなか男気があるじゃないか」

「小松さんが自殺をするという事が可笑しいですよ」

「では久保田君は小松さんが、自殺をしていないと考えているのかね」

「勿論です。ですから僕も現在いろいろ考えているのです。小松さんの財産のことも含めて、小松さんが死ぬことで、得をする人間がいるのです」

 久保田君は、鉄格子が嵌まった窓の東北独特な霞がかかったような薄空を見つめた。

「恩義があると言っても殺人までする事は無いだろう」

「法廷でも殺意云々という事が、度々質問をされましたが、僕自身、脅すつもりで出した刃物に彼女が動いたから刺さってしまったので、それで理性を失い脇腹を刺してしまいました」

「まあ、若い女性を一人殺したのだから長い懲役は仕方がないとして、君が出所する時に何歳に鳴るの」

「現在三十六歳で懲役十八年ですから五十四歳という事になりますが、一年ばかり未決通算がありますので五十三歳くらいまでには出ることができるでしょう」

「そうだね。真面目に服役をすれば二・三年は、仮釈放になるだろうから、これから工場に出役して、同囚に何を言われても我慢をして努めなければいけないよ」

「ありがとうございます。出所したら必ず熊谷に訪ねてゆきます」

「そうだね。君の元気な顔を見たいものだね」

 廊下の方で人の気配がしたので、作業の手を動かしながら下目遣いで廊下側の食機孔の方を見ると新入訓練の部屋を管理している担当看守がいた。

「作業中の雑談は禁止されている。俺だから良いが、他の担当さんの時には、作業中には口を閉じていろよ」

 看守主任であったが、新入訓練の部屋を管理していた担当看守は、穏やかな性格の事を荒立てない人であった。

 この為、始めて宮城刑務所に入所した者はこの刑務所は、担当が煩くなくて楽なところであると錯覚をしてしまうのである。

 

 翌日であったか、昼の休憩時間・房に取り付けられているラジオのスピーカーから「桶川ストーカー事件」の主犯である小松武史の裁判の判決のニュースが流れた。久保田くんは一事も聞き逃すまいと耳を欹て聞いていた。

 小松武史の判決は無期懲役であった。久保田くんは呟いた。

(この野郎が一番悪い野郎だ・・・)

「えっ、この野郎とはラジオで流れている無期を打たれた小松武史のことですか」

「ええ、この男に僕は、一億円貰えることになっています。でも、無期を打たれたら貰いようが無いですよ」

「何か貸しがあるのかい」

 しばらく考えていて、久保田くんは口を開いた。

「桶川ストーカー事件全部を計画したのは武史です。何店舗も風俗を経営していたのですが、東京都の消防署に勤務しているから、弟の小松和人さんを形だけオーナーにしておいたのです」

「消防署員は、公務員だろう。確か公務員が風俗を経営していたのでは、公務員規定に反するだろう」

「弟の和人さんが北海道で自殺をしたのも不思議だと思いませんか」

 僕は、桶川ストーカー事件の殺人実行犯人が、自ら自分の起こした事件について、不思議だとは思いませんか?と言う僕に対しての質問に、何かがあると直感した。

「どのような訳があったのだろう?」

「武史は、僕に全部を打ち明けはしませんでしたが、今まで、色々考えてきましたが、嫌がらせのビラや女に対する後付けを命令したのは武史です」

「その様な事をするにもカネがかかるが、一体誰が金を出したの・・・」

「まず、最初に僕が武史の部屋に呼ばれて『久保田お前は和人に、一方ならない恩義があるはずだ、恩を忘れては男じゃない。俺が金を出すから桶川の女に嫌がらせをしろよ。親のところに嫌がらせの電話をかけ女を中傷するようなビラを女の近所の電柱なんかに貼れば直ぐに音を上げるさ、それでもいうことを聞かない場合、後はお前の判断に任せる』と言われたのが最初でした」

「それじゃあ、君の事件は、武史に使嗾されたのではないか」

「僕だって、殺人を犯したのです。事件の重大さは、十分認識しています。だからこそ、自分の犯した事件について、いろいろな面から考えているのです」

 話を打ち明ける久保田くんは、胃の中になにか入っているような苦しさを感じている面持ちをして、僕から目を話して吐き捨てた。

「武史は碌なものじゃないですよ・・・」

「事件の動機と言うのか、桶川ストーカー事件の目的が、別なところにあるのだろうか」

「和人さんが、死んでしまえば得をするのは誰でしょう。そんなことを考えてゆくと小松武史が、一番得をすることになります。和人さんは、二桁の億の金を持っていたのですから、北海道で自殺をする人間でもないし、不思議でしょうがないのです」

 この事件の真実は、公判廷で検事が起訴状を読むようなことではないと思った。

 実際。世間を騒がした凶悪事件の裏側に潜む真実が、多くあることを何回も刑務所に入っている僕は聞いているのである。

「和人くんという男はどのような男でした」

「僕が、ヤクザの世界に嫌気が差して逃げ回っているときに、匿ってくれたことは話しましたが、風俗という特殊な世界の仕事を仮にもしていた人です。女の一人や二人どうにでもなる人です。女に振られたといって、ねちねちするような人ではありません」

「それがわかっていてなぜ君は今度の事件を起こしたの・・」

「僕の恩人のお兄さんにあたる人です。実際に店を経営していたのも武史ですので、断ることができませんでした」

「最初にこの事件の端緒であるビラ貼りや電話での嫌がらせは、武史の命令だといったよね」

「ええ、そうです。僕は今日まで木を見て森を見ない自分であったと気づきました。桶川ストーカー事件は、武史が和人さんの持っている財産まで取ろうと計画したことだったのです。あの野郎。ただでは置かない。きっと北海道で自殺をしたとされている和人さんも殺している可能性がありますよ」

「中々、悪知恵が発達している男ではないか、それくらいだから無期刑を打たれたのだな」

「無期というのは何年位で出てこられるのでしょうか」

「無期ということは法的には十五年以上勤めれば、仮釈放の対象になると言われているが実際は最低でも二十五年くらい努めないと出ることができないのが現実で、ここには、三十年以上務めている者が多くいるというではないか」

「武史が出所したら、僕は許しません。一億円という約束でしたが、それだけでは済ませません」

「武史という人と何か密約があった事は解るが、あまり憎しみをいだいて懲役を努めると毎日がやりきれない。我慢できるところは我慢して、事件のことは一切忘れてこの刑務所で務めることがベストだよ」

歯を食い縛りながら久保田くんは、言葉を出さずに頷いた。自分の犯した事件については誰であっても裁判で自分の申し分が立たず、一方的に検事と裁判官の都合の良いように裁判が進められてゆく、世間で凶悪犯人と言われたものほど検事も裁判官もマスメデァの主導により、裁判が歪められながら行われるのである。

 本来裁判官は、其の事件に関わっているときは、新聞・テレビなどを見て予断を持ってはいけないのである。しかし、実際は、退官後に弁護士になるものが殆どで、名前を売るために正義の味方に扮して、あの弁護士はなになにの裁判をやった人であるという既成事実を作るのに余念が無いのが偽らざる事実である。

 名前は忘れたがギリシャ神話のなかの法の女神は目隠しをして、右手に剣を持ち、左手に天秤を持っている。裁判所関係でもこのデザインは多く使っているはずである。なのに、この女神がなんのために目隠しをして、剣を持ち、天秤を掲げているのか、裁判官は考えたことはないのだろうか。

 

 

 僕達の新入訓練期間の二十一日間は、直ぐに過ぎてしまった。知能テスト・職業適正テスト、小学三年生程度のすべての科目のテスト・そして、歩行・整列・番号などの訓練を狭い運動場で行い運動場に出たときは最後に、天付き運動を五分間やるのである。大概の者は、長く拘置所でぐうたら生活をしていたので、三分も持たずに泣きを入れて途中でやめ担当の看守に叱られるのである。

 しかし、侵入訓練の担当看守は東北弁の訛りが強くて、僕にはフランス語を聞いているような気がした。

「ちみたつは、刑をうげて、ごの刑務所にきでいるごの刑務所にいるうじに矯正をすなければならねーから、真面目に、ずとめ、はやぐしゃがいに、出るごと考いなければだめだべ」 

 僕は思った。この担当看守はきっと、懲役囚を更生させるために、懸命に任務についているのだろう。しかし、まず、最初に自分の言葉を矯正してから、懲役たちを更生させるべきではないかと・・・

 久保田くんとは別々の工場に出役となり三年くらいした時。僕がぎっくり腰で病舎に強制入院を余儀なくされた時に、二日ほど経過した日に、同じ房に入ってきた。

「どうしたの」

「風を引いてしまいました」

「僕も寒さのためだと思うのだが腰を痛めてしまったよ」

「歳なんだから気をつけてください」

「ありがとう」

久保田くんの顔を凝視してみると新入訓練の時と変わらず憂いを秘めていた。確か、十三工場に降りているはずである。十三工場は僕が、配役せれた六工場と同じ革靴を製造している工場である。やくざ者が多くいて一応「侍工場」と呼ばれていた。しかし、しっかりとしたリーダーシップが取れるようなヤクザはいないらしい。どんぐりの背比べである。

結果として、毎日、ヤクザの派閥争いで工場は落ち着かない。

「工場はどうです」

「いつも喧嘩ばかりあって落ち着かないですよ」

「誰かしっかりした者はいないの」

「どんぐりの背比べで、派閥が幾つも出来、ヤクザごっこばかりしています」

「それは酷いね、僕の工場に来るかい」

「行きたいのですが、現在、あることがあって法務大臣に「情願」をしているのです」

「こんな処だから、気に入らないことばかりだと思うが、情願などしても取り上げてはくれないよ」

「それは解るのですが、官に目に余ることをされたのでは、いくら懲役の身でも黙っているわけには行きません」

「君がそういうのなら、自分の意地を通そうとしているのだと思うから、自分で決めたことは最後までやりぬくことだ」

「はい。そうします」

「禅の言葉に、随所と主になれば立つ処皆真なり。と言う言葉がある。自分で信じて善いと思ったら最後まで貫くのが漢(おとこ)だから、それも良いだろう」

「何処にいても、善いことは良い。悪いことは悪い。といえる人間でいたいのです」

「そうだよ。そのことを是非の精神というのだ」

 久保田くんが病舎の僕の部屋に入ってきた午後、僕はまだ腰が治っていないのに、病舎を出されて六工場に戻った。

 それ以来。久保田くんには十年以上会ってはいないが、どうしているのかと大きな事件が新聞でニュースになる度に彼のことを思いです。

 桶川ストーカー事件の隠された事実は、世間にはわかっていない。僕にも久保田くんは最後の核心部分は喋っていないので、事件の真実は飽くまでも闇の中に包まれている。

 思うに、この事件は小松武史が、弟の財産を私するために、久保田たちを使嗾し、桶川の女性を殺すまでに久保田君を追込、今度は自分で弟である和人を殺し、弟の遺産まで手に入れるために起こした事件ではないだろうか。

 刑務所に長い刑期で務めている者たちは、自分が起こした事件の深い意味を知らない者が多くいる。シシリアンの「マリオット」や日本に昔いた傀儡子(くぐつし)が操る「傀儡」のようなものが多くいる。

 このマリオットや傀儡を操るものは、事件の陰にいる人物やマスコミ・検察庁・裁判所であるとも思っている。