102



















政治的蠢動

六弥太一家の跡目を決める主導権を掌握した岡部栄治は、谷野に三千万円を持ってくるように命じた。谷野は、なんのことで必要であるか、解からない儘、栄次の家に三千万円を届けた。

「この金は、山稲会の頭取の所に持って行く、六弥太一家の跡目を決められるのは頭取しかいない」

谷野は、栄次が何を言っているのかが解からず、自分に有利に動いてくれるものと信じていた。

「谷野、六弥太一家はお前に決める、しっかりやってくれ」

「ご心配をおかけして有難うございます」

「うん。田高になんかに、負けるのじゃないぞ」

栄次は谷野に向かってにっこり笑った。

三日後、新田町の名産である大和芋をベンツのトランク一杯に積んで、紙袋には、谷野から持って来させた三千万円に内、1千万円を自分の懐に殴り、残りの二千万円が入っていた。

二時間かけて、東京都中央区にある小伝馬町の山稲会頭取の住む現在、一番気に入っている老神温泉の芸者をしていた「小伝馬町の姐サン」が住む高級マンションに着いた。

最上階にある部屋に着いて、頭取の山稲桂二に平身低頭の挨拶をして、栄次は口を切った。

「御無沙汰をして申し訳ございません。何しろ六弥太一家の跡目が、決まらず毎日忙しい日々を送っています故、申し訳ございません」

「六弥太一家の跡目は田高で決まっているのではないか?」

「それがでして、田高は家の一家から養子にやった者です。その者が兄貴の六弥太一家を継ぐという事は、養子にやった時から私が、六弥太一家を乗っ取るつもりでいたと思われるのも辛いことでして、田高は私が育てたのですから、人間的な事は良く知っています。確かにヤクザ渡世にはあのような男は、いなくてはなりませんが、果たして六弥太一家の総長として相応しいかどうか、思案してしまいます」

「他に、跡目に相応しい者はいるのか」

「古い若い者で谷野八郎というのがいます。この男は地味ですが、危ない事は慎重にやる方です故、一家を任せて良いと思います」

「谷野と言うのは忠次郎の後に付いてよく本家に来ていた背の低い奴か」

「そうです。渡世一筋真面目な男です。どうか頭取・谷野が跡目という事で承認してください」

徐に、栄次は頭取の前に二千万円入った紙袋を差し出した。

「谷野からの土産です」

 頭取はにっこり笑うと紙袋を受け取った。

「栄次、お前は北関東の我が会における重鎮だ。お前が良いと見れば好きに決めればよいぞ」

ここぞとばかりに栄次は頭取に言った。

「ご配慮、ありがとうご在います」

「田高は、二代目の直参だろう。俺が二代目に話しておく。六弥太一家は諦めろと」

「有難うございます。田高に一家を持たせたら、一家をぶち壊してしまいます。二代目によく話しておいてください頭取」

「田高は山穂会のコンペには毎月出ているから、儂もよく知っている。然し、栄次がそういうのなら、栄次の意思を重んじよう」

その後十分程、頭取と世間話をして、栄次は小伝馬町のマンションを後にした。

群馬に帰える車の中で栄次は考えた。

(これで上手くいった。田高は六弥太一家の跡目が取れず、俺に牙をむいてくるのかな・・・戦わず勝つ方法を考えておかないといけないだろう・・・)

このようにして、六弥太一家の跡目は水面下で決められてしまったのである。

 然し、栄次が懸念するほど田高は気にもせず、東京に行ったままで、山稲会二代目会長の秘書としての役職を全うしていた。

 山中班長が義貞一家の総長岡部栄治の周りに高く有刺鉄線が囲んである家に行ったのは、栄次が山稲会頭取のマンションから帰って二日後の事である。

山中が来訪を告げると門に、二つ掛かっている鍵を開けて若い者が、邸内に招き入れた。応接室に入ると、にこにこ笑っている義貞一家総長がいた。

「山中さん。して今日はどのような御用がおありですのかな」

慇懃無礼である。

(この歳になり、そんなに尊大に構えなくてもアンタの性格は全部、県警で調査済ですよ・・・)

「実は本庄市にある谷野組に、拳銃が撃ち込まれたと言う近所の通報がありました。直ぐに谷野組の事務所に入って家宅捜査をしましたが、拳銃が撃ち込まれた様子は全くなく、ほどほど我々も手を拱いている状態です」

「ほうー、谷野の所にハジキを撃ち込んだ奴がいると言うのですか。六弥太一家の跡目と決まった男の所に、ハジキを撃ち込むとは見上げたものですな」

「家宅捜査では何も出ていませんが、犯罪科学研究所に現在、応援を頼んでいます。火薬等物は厄介な物でして、空気中に会っても測定器を当てれば、反応がすぐに出て来ます」

(厄介な物が出来たな。測定器が使われたら、谷野も何も言えないだろう。この事件は田高か若しくは小鶴であると思うが、両方とも家の出身であるから、俺だって、安心して居られない・・・)

「化学反応が出れば、どうなるのかね」

「先ず、谷野を証拠隠滅罪で逮捕します」

「そんな間尺にあわね―ことをして何になる」

「先ず身柄を当方で戴いて、この事件の捜査の参考になることが有れば、拳銃を谷野組に撃ち込んだ者の姿や、後ろにいる人物の顔が浮かんできます」

栄次は厄介な刑事に調べられていると思った。目つきも油断がならない。性格も他の刑事みたいに歪んだところが見当たらない。

「たとえ話を致しますが、人間にとり情と仕事は、どちらが大事でしょうか?情けは人の為ならずと言う言葉もあります」

山中班長はきたなと思った。話の核心に触れようとすると話をはぐらかしてしまう事は、栄次の得意技でもあることを暴力団に関わった刑事は、全員知っている。この辺で切り上げた方が、時間の無駄のならないと考えた。

「失礼を申しました。その上、為になる話を聞かせていただきありがとうございました。署に戻らなくてはならない時間ですから、又後でという事でお暇致します」

栄次は自分が、如何にインテリ―であるかを解かって貰いたかったのである。

利口な人は口数が少なく利口ぼらない。馬鹿な人は口数が多く利口ぼる。四十年から、事件の捜査に当たってきた山中の人を見る眼はある。

(義貞一家の総長であってもこれ位の人間か、あきれたよ・・・)

食道の中に何かが詰まっているような気持ちの嫌悪を感じながら、利根川に架る刀水橋を渡り熊谷署に向かった。

署に帰り、愛警部に報告をしようと思って愛のデスクに行くと愛が微笑みながら、山中を慰さめるように言った。

「班長、大変だったでしょう。あの人は精神分裂症を持っている人だから、長居は無用、話を聞いているとこちらまで可笑しくなってしまうわ。とにかく大変な思いをさせて悪かったわ」

愛警部は、何でもお見通しであるのに驚いた。でも警部の理解力ある優しい言葉で慰労されると食道に詰まっていた物が、何時の間にかとれていた。

「警部、この事件は複雑で登場人物も怪奇的人物が多いですが、むやみやたらに拳銃を撃つ者は許せません。人の命の尊厳を守るためにも、事件解明に向けて、組織犯罪対策課全員で全勢力を傾注致します」

「そうよ、人の何よりも命は大切よ!」

愛の怒り

谷野が六弥太一家の八代目総長になるという事を小後田一家の総長である小鶴建夫は、小伝馬町のマンションに部屋住として送り込んである。自分の若い者から、既に、電話で報告を受けていた。

「もしもし、親分ですか、さっき義貞一家の岡部の親分が、頭取の所に来て二千万円の金を渡して、谷野組長が、六弥太一家の総長になる様に頼んで行きました。頭取は二つ返事で谷野組長が、六弥太一家の総長になることを承認しました。親分、谷野組長が六弥太一家の総長になれば、執行部入るのは間違いがないでしょうから、用心をしていた方が良いでしょう」

小鶴は、現在自分が執行部にいるが、ヤクザ渡世歴も長く北関東でもヤクザの間で信用が有る谷野が、執行部入りをすれば自分が、降格されるのではないかと懸念した。

ヤクザの貫録というものは、地位が上だから貫録が有るという事ではない。ヤクザ渡世一筋に生きて来てヤクザの酸いも甘いも噛み分けて、渡世の筋を絶対に、何が有っても曲げない一本筋が通っている者の内面からにじみ出る物であり、袖の下を巻きお世辞が上手く、おべんたらを使うばかりでは、内面から滲み出る物がない。況して、小鶴建夫は劣等感の塊のような人間である。

小伝馬町に部屋住をさせている若い者からの報告を聞き、考え込んでしまった。

(何とかしなければ、執行部を降ろされる。ここまで来るのにいくら金を使ったのか、ここで執行部を降ろされたれ、どうにもならなくなる、どうしたら、良いのだろう・・・)

考えるだけ考えて一つの結論に達した。

この時、既に、組織犯罪対策課は小鶴の電話を盗聴していた。

そんなことは知らずに小鶴は代行である小泉悦男の所に電話を掛けた。

「小泉、六田弥一家は谷野で決まりになって様だ、谷野が郎弥太一家の総長になれば、俺は執行部を降ろされる。何か良い手はないものか」

小後田一家で策を描かせたら、北関東でも右に出る者がいないほど、悪質な絵を描き人を陥れることなどなんとも思っていない小泉は下を向いたまま考え込んで小鶴に言った。

「先日、内で谷野の事務所にハジキをぶち込み田高の所為にしてしまおうと考えてやりましたが、二人とも大事を取って乗ってこないので、抗争させることは失敗だったが、何としても喧嘩早い田高に空気を入れて、二人とも抗争でも始めさせて、その責任で破門にしてしまえば良い事です」

「そうだな。田高や谷野のような奴が北関東にいたのでは、俺が偉くなれない。どのような手を使っても、二人を自滅させるのが得策だな」

茄子のような顔の眉間に皺を深く刻ませて小泉は小鶴に、別な方法もあると言った。

「親分、谷野の所に使った手はこれで三回目です。もしかしたら、警察に手の内を読まれているかもしれません。そこでです。今回は、群馬に小鶴ありという存在感を会の上層部に認識させる必要が有ります。一・二日待ってくださいこの小泉が、竹中半衛より凄いことを考えだして、親分が絶対に執行部から降格されないような絵を描いてみます」

小鶴と小泉は同郷である。元々兄弟分であったものであるが、小鶴が小後田一家の総長になったので子分になり、代行をして小後田一家の山稲会の執行部である小鶴が山稲会の義理ごとや他組織との親睦会で動いている留守、一家をすべて運営しているのである。唯、小鶴に似て性格が、捩れている上に覚醒剤を私用している男である。

小鶴と小泉の携帯電話の周波数を合わせ署内の組織犯罪対策課の白沢のデスクで聞いていた山中班長は、谷野組へ拳銃を撃ち込んだのは小後田一家の仕業であることを確信した。

(うす汚い奴らだ!実行犯を早急に逮捕して小鶴と小泉は共同共謀正犯で長い懲役にやってやる・・・)

山中が、愛警部に報告をすると凛とした顔をして、愛警部は言い切った。

「小後田一家は、北関東はおろか、日本の国から抹殺をします。盗聴は当然で囮や司法取引を駆使しても構いません。責任は全部わたしがとりますから」

「この盗聴を聞いただけでは確かな事は言えませんが、小鶴と小泉は相当、強かな事は間違いが有りません。愛警部全員拳銃携帯して良いのでしょうか」

「当然です。少しでも逮捕時に抵抗をしたら、遠慮なく拳銃を腕か足に撃ち込んでよいですから」

「それにしても小鶴という男はどんなに汚い手を使っても地位を守りたいのね。地位を欲しがるようでは未だ、本物のヤクザではないわ」

本庄市の谷野組発砲事件から、想像すらできないヤクザ渡世の反吐を吐きたくなる似非ヤクザの姿を垣間見てしまった組織犯罪対策課の全員は、日本の警察官としての正義よりも、人間としての正義感が燃え始めていた。

「この捜査には最低でも三十人体制で挑む必要があるから、本部から応援を要請しておいたわよ。山中班長心得ておいてね」

「承知いたしました警部、勿論、本部の組織犯罪対策課の人達ですね」

「違います。この事件の応援は、アメリカの警察大学を優秀な成績で卒業して、アメリカの科学捜査の先端技術を取り入れた犯罪捜査のエキストパーでもある明智密雄さんが、指揮をしている埼玉県警の秘密部隊と呼ばれている『先進科学捜査班』です。皆さんもご存じないと思いますが、人工衛星からでも小鶴や小泉は監視をされるでしょう。どこで何をしていても全て地上のモニターに行動の一部始終が映し出されるわ」

山中他、組織犯罪対策課の全員が愛の言葉を聞いて感嘆の溜息をついた。

「北朝鮮の金正恩をアメリカが見張っている物と同じですか」

「そうです。二日後辺りから、ここのデスクにそのモニターが置かれるわ」

 警察官は好奇心が強いその警察官が、もっと強い好奇心を抱いて『先進科学捜査班』が熊谷署に来るのを期待して待った。

 二日後、明智密雄に率いられた埼玉県警密捜査班『先進科学捜査班』がやってきた。

班長の明智密雄は三十代である。細身の体をしているが、スポーツで鍛えられているのはスーツの上からでも解かる位、均整がとれているのである。まるでTKIOの長瀬智也の様である。警察での地位は愛と同じ警部である。部下は十人その他は、県警内組織犯罪対策課の捜査官たちである。

「御無沙汰をしておりました先輩」

愛が、明智に挨拶をした。

「いやいや愛君が僕らと同じ警察官になるとは考えてもいなかった。東大の法学部でも稀に見る逸材がいると噂では聞いていましたが、こんなにも美人であるとは、一緒に仕事が出来て光栄です」

美人だとか美しいとか言われるのには慣れている愛は、明智の言葉に何の反応も示さず早速、事件の概要を話し始めた。

六弥太一家の跡目問題。それに便乗して小後田一家の小鶴という狐のように狡猾なヤクザの総長がいて、自分の地位を保全したいがために汚い手を使い関係がないヤクザの事務所に拳銃を撃ち込み更に、撃ち込もうとしている事を話し、小鶴から目を離すことが出来ない事情を理路整然とレクチャーした。

「そんなに汚いヤクザがいるのですか。許せません。退治致しましょう。僕の班が出てきた以上、本人がどんな行動をしているか、一目瞭然です」

長瀬智也に似て眉毛も太く眉間に皺を寄せて、明智は言った。

愛は明智に好感を持てた。正義感も強く冷静さが有る様であるし、体全体から、自信というオーラが出ているのが感じられた。

(この人ならやってくれるでしょう・・・)

こうして、ヤクザであってヤクザでない小鶴と、代行の小泉逮捕の為の布陣は敷かれたのである。

愛の叡智・明智の先進科学・山中の暴力団専門に長年携わってきた経験・これが一つになって小鶴と小泉逮捕に向けて綿密な計画を立て始めているとは、小鶴も小泉も知る由はなかった。

小諸と前橋で銃声

小諸市県道四十号線の荒町交差点から北の方へ曲がると歴史を感じさせる古民家が多くあるその一角に三階建てのビルが有り、関西の組織暴力団でダントツの組織力を持つ山雄会の三次団体である『延王組』が有る。浅間山の麓に大きな夕陽が落ちると直ぐに1台の乗用車が近づいてウインドーを静かにおろすと徐に、スミス・アンド・ウエッソンの回転式拳銃の銃口を三階の『延王組』に向けるとトリーガーを引いた。

「パン、パン、パン」

三発撃つと車は急発進をして、その儘、進行方向へ走り去った。

通行人の通報で現場に駆け付けた小諸署の警察官は『延王組』を直ぐ家宅捜査をして、窓際の天井に撃ち込まれていた三十八口径の弾丸を現認して、小道具で採集をしてピンセットで摘まみビニール袋に入れた。

『延王組』には普段なら組員が五・六人は事務所に屯しているのであるが、この日は、末端の者が一人いただけである。

この組員を小諸署に同行をして、事情聴衆をしたが、話が分からなくて捜査員は往生をした。氏名と住所を聞き尋問を始めた。

「どこかの組と揉めていたのか?」

「解かりません」

「何処の組が拳銃をぶち込んだのか解かるか」

「解かりません」

「解かりませんでは、如何しようもないな」

「俺は、最近若い衆になったばかりだから、何が何だか解からねーよ」

 実際にこの組員は最近、組に入ったばかりで、まさか、信王組の頭が自分の組の事務所のガラスに、拳銃を撃ち込んだことを知らなかった。

その日の午前1時頃今度は前橋市住吉町にある小後田一家の事務所のガラスに拳銃が撃ち込まれた。

小後田一家小泉と信王組の組長・信王利於が電話で薄汚い話をしているのを全て埼玉県警組織犯罪対策課に、応援に来ていた先進科学捜査班の明智の指示下、部下たちが高性能の盗聴装置を使って録音していたのである。

小後田1家の代行と信王組の組長は兄弟分である。

「兄弟。頼みたいことが有る。実は内の親分が、この辺でイケイケの所を見せておかないと執行部を降ろされてしまう。そこで兄弟の組と家で喧嘩をしている振りをして貰いたいのさ、早い話が兄弟の所で自分の事務所に、ハジキを撃ち込み、内は家で若い者にハジキを撃ち込ませるのさ、それにより第三者は、小後田一家も信王君も遣る時はやるという印象を持つだろう」

「他でもない兄弟が言う事だから、お宅の親分の意に沿うように致しましょう。早いうちにヤッケましょうか」

「早い方が良い。善は急げと言うからな」

 このような薄汚い手を使って、名を売るという事はヤクザ渡世の禁じ手である。敢えてそれを遣ろうとする小泉も信王もヤクザとは言えない。

この話を盗聴していたのであるから、愛警部他課員と明智たちは、小後田一家の事務所付近で事件が起きるのを待ち待機していたのである。

従って、小後田一家の若い者で藤郷幸雄が小泉から命じられて、自分たちの事務所に拳銃を撃ち込んだと同時に愛警部が指揮をする課員たちに取り囲まれて、拳銃を向けられてしまったのである。

山中班長は、大声を出していった。

「銃砲刀剣不法所持及び発射罪で逮捕する。抵抗をすれば怪我をすることになるぞ」

東郷は拳銃を放り投げて両手を上げ怪訝そうに顔を顰めながら、その場に立っていた。山中の合図で白沢と桜庭刑事が藤郷のそばにより、直ぐに手錠を掛けてしまった。

「さあ、次は小後田一家の事務所の家宅捜索だわよ。拳銃が撃ち込まれている現場の立証とその他、少しでも違法性が有る者が有ったら、押収をして小後田一家総長である小鶴建夫を逮捕できるようにしなければなりません」

先進科学捜査班の明智を含めて二十人近くの捜査員が小後田一家の事務所に乗り込んだ。事務所には五人の若い者がいたが、あまりにも早い警察の動きに、皆気が、動転をしてしまった。

事務所責任者であるという宮内由布夫という男が、愛警部たちの家宅捜査に立ち会った。この宮内も小鶴や小泉同様他のヤクザを陥れることを何とも思っていない外道である。

「ハジキをぶち込まれて家宅捜査かよ。それより犯人を逮捕するのが先決だろう」

藤郷が既に逮捕されているのを知らない宮内は、角口をして山中に食って掛かった。

山中は、この馬鹿者がと思いながら、宮内を脅した。

「少しでも捜索の邪魔をしたら公務執行妨害で逮捕する」

「随分キツイ察だな!」

「お前たちのように弱い者には強く強い者には弱い人間は、埼玉県警組織犯罪対策課は一人も許さないしそうゆう者はいない。強きをくじき弱きを助ける。これが埼玉県警の警察官の矜持でもある。小後田一家も俺たちの爪の垢でも飲んでみるがよい」

「馬鹿気な事を行って居るんじゃねーよ。察に任侠道を聞きたくねーぜ」

(こいつらは、今度の事件の裏を我々が全部把握しているとは思っていない。自分たちだけが、利口であると思っているのか、呆れたやつだな・・・)

家宅捜索が始まると小後田一家の事務所にいた若い者は、事務所から何か事件性が有る物が出るのではないかと右往左往して、総長のデスクの引出しをあけるたびに大声を張り上げて威嚇をしてきた。

愛警部は決断が速い。

「この者たち全員を、銃砲刀剣類不法所持及び発射罪で逮捕しなさい」

その言葉を聞いた組織犯罪対策課の課員が、宮内を含めて全員に手錠を掛けて応援に来ている刑事に引き渡して、用意してきた護送車に乗せてしまった。

宮内は事務所責任者の立場からか、大声を出した。

「立会人がいねーのに、家宅捜査をしていいのかよー」

山中がその声を聞いて凄んだ。

「お前に捜索令状を提示したろう。それ以前にお前たちは下でハジキを弾いた藤郷と共同共謀正犯だ。覚悟しておけよ」

「宮内は、まさか自作自演をした事がばれているとは知らなかったので、驚いてあっけにとられた。

無人の小後田一家事務所で住所録・破門状・挨拶状・小鶴に来た個人的な手紙までも押収して、鑑識に撃ち込まれた拳銃の弾痕や赤外線レザーを使った発砲場所の確認まで済ませて綿密な家宅捜索は終わった。

「もう良いでしょう山中さん。この押収品から小鶴逮捕の証拠は必ず出てくるわ。ここのヤクザは頭が良いと自分たちで思っているだけで、まるきりの低能だわ」

1時間少しの時間をかけて熊谷署に戻ってきた捜査員たちは、小後田一家から押収をした物件の入った段ボールを組織犯罪対課に運び入れた。

「明智さん。この押収物の分析はお願いいたします。きっと思いもよらない事件性が有る物が入っていると思うの」

「どちらにしても藤郷の共同共謀正犯で小泉を逮捕が出来る。僕から見て小泉というのは覚醒剤を常用している可能性が高い。鷹司さんこの事件は多くの問題を含んでいるとみています」

「そうですね。小鶴や小泉がいる小後田一家というのはヤクザらしいヤクザが居ません。壊滅させなければ、市民が安心をして眠る事さえできませんから、私は絶対に許すつもりはありません」

山中班長が愛警部に聞いた。

「小諸の信王組は何時手を掛けますか」

「小鶴の逮捕をする前に既に、証拠は挙がっているのだから逮捕します」

「了解いたしました警部殿」