011



















文殊院の権造

東尋坊で覚る権造

東尋坊の由来や伝承は複数あるが大湊神社では以下のような由来を紹介してた。東尋坊という僧は、怪力を頼りに、今までの権造の様に、民に対して悪事の限りをつくした。東尋坊が暴れ出すと手がつけられず、誰も彼を押さえることが出来なかった。今までの

東尋坊はまさにやりたい放題、好き勝手に悪行を重ねていたので、当然のように平泉寺の僧侶は困り果てていた。また東尋坊はとある美しい姫君に心を奪われ、恋敵である真柄覚念(まがらかくねん)という僧と激しくいがみ合った。

そんな寿永元年(1182年)45日、平泉寺の僧たちは皆で相談し東尋坊を海辺見物に誘い出す。一同が高い岩壁から海を見下ろせるその場所へ着くと、早速岩の上に腰掛けて酒盛りが始まった。その日は天気も良く眺めの良い景色も手伝ってか、皆次第に酒がすすみその内、東尋坊も酒に酔って横になり、うとうとと眠り始めた。東尋坊のその様子をうかがうと一同は目配せをし、真柄覚念に合図を送った。この一同に加わっていた真柄覚念は、ここぞとばかりに、東尋坊を絶壁の上から海へ突き落とした。平泉寺の僧侶たちのこの観光の本当の目的は、その悪事に手を焼いた東尋坊を酔わせて、高い岩壁から海に突き落とすことにあった。崖から突き落とされつつ、ようやくそのことに気付いた東尋坊であったが、もはや手遅れ。近くにいた者どもを道連れにしつつ、東尋坊はまたたくまに崖の下へと落ちて行った。

東尋坊が波間に沈むやいなや、それまで太陽の輝いていた空は、たちまち黒い雲が渦を巻きつつ起こり青い空を黒く染め、にわかに豪雨と雷が大地を打ち、大地は激しく震え、東尋坊の怨念がついには自分を殺した真柄覚念をもその絶壁の底へと吸い込んでいった。

以来、毎年東尋坊が落とされた45日の前後には烈しい風が吹き、海水が濁り、荒波が立ち、雷雨は西に起こり東を尋ねて平泉寺に向ったという。

東尋坊も由来について平泉寺の貫首から、聞いた権造は、心に感じる所が多くあった。暴力を振るいやりたい事をやった者の末は、東尋坊の様に地獄に真っ逆さまに堕ちる。自分の今までの人生を振り返り、自分を攻めざるは無かった。

(暴力反対だ!女を好きでもないのにコマスのも反対だ!喧嘩で人を殺めるのも反対だ!)

東尋坊の断崖絶壁の上に坐禅を組んだ権造である。海から吹く風は足を組んで坐禅をしている権造の体に容赦なく吹き付ける。座相を保つだけで大変である。だが、結跏趺坐(けっかふざ)した権造の坐禅は龍がとぐろを巻いているように磐石で、風にも負けず雨にも負けず、一日五合の米???あれっ!違ったかな。風の中で屹立していた。坐禅を続ける権造のヘットの中は、東尋坊の崖が怖いとか落ちたら死んでしまうとか、女が欲しいとか、金が欲しいとか、偉くなりたいとか、一切の欲望と言う欲望から着き離れて風の音も聞こえない静寂の心の世界に居た。一刻後、権造の頭の上をアホウドリが飛んできて二・三廻転すると「大きな糞」を頭の上にした。「べちゃ」と言う音で権造は、覚った。そして、権造は「偈」(げ)を履いた。「人間本来無一物」半眼をくっきり開いた権造は、最悪であった人相が変わってしました。まるで阿弥陀如来を痩せさせた様な顔つきである。結跏趺坐を解くとすくっと立ち上がり大声で海の向かい声を出した。

「アホウドリ・サンキュウ・ベリーマッチ」

アホウドリは、沖合いから、権造の声を聞き三羽で海上を舞いながら「阿呆・阿呆・阿呆」と泣いていた。アホウドリの返事を確認すると権造は、懐から短刀(やっぱ)を出して、今度は左手で髷の髻を掴むとやっぱの刃を当ててすっぱり切ってしまった。ザンバラ髪である。

(後は永平寺へついてから、五厘のバリカンで坊主にしてもらえばそれで良い・・・)

芦原温泉

心も頭も憑き物が取れてすっきりした権造は、今から永平寺へ行くと明日の朝になってしまうと考えて今夜は「芦原温泉」へ宿泊することにした。心と頭がすっきりした処で体も温泉で綺麗にして永平寺へ行くのが、悟りを得た者の努めであると一人で思い込んでいるのである。確かに、権造の心がけは、前の修行をする者として褒めてやら無くてはならない。だが、考えても見よ。アホウドリの糞を頭に受けて覚るとは前代未聞のことであり、ありえることである。権造らしくて良い。如何にも権造らしいと言えば権造らしいのである。作者もあの人相が悪くて女好きで、剣は立つお金も欲しい。代貸になりたい。更に、自分の性欲の赴くまま生きて来た権造である。

「本来無一物」の悟りの境地に良くなれたものであると思わずには居られない。浄土宗の』親鸞聖人は「悪人正気」といったというが、将に、権造の場合「悪人正気」に違いがない。

権造は、九龍川沿いを暫く上り、三国神社を通り過ぎ芦原(あわら)温泉に足を踏み入れた。芦原温泉はこの当時から、盛んで何軒もの旅館が立ち並んでいた。温泉街をユックリと歩いていた権造の眼に「夢屋」という旅館のネオンじゃーねー看板が眼に入った。権造は悟りをえて、人間の一生は、信長公が好んで歌った人間五十年夢幻の如くなり・・・の謡曲が好きで悟りをえた現在、人生の統べての事象は夢である。と結論していた「夢屋」の看板に惹かれないわけには行かない。
(人が精一杯生きられる期間はせいぜい五十年位であり、それは夢のようにはかなく過ぎてしまうものだ。果敢ないからこそ、この期間にしっかり生きて行きたいものである。いいかげんな生き方をすれば、結局は悔いをのこすことになるのだ・・・・)

泊まる旅館を「夢屋」に決めた権造は、躊躇うことなく「夢屋」に入った。

「おいでなさい。お疲れでしょうお客さん」

「一晩に女を五人抱いても体力には自信があったが、東尋坊で少し坐禅を組んだので気分は爽快になったが、体の調子が狂ったよ。芦原温泉に入れば疲れは取れるだろう」

「旅の疲れなんか内の湯に一刻も浸かっていればすっかり治ります。況して、この神仏が宿る「白山連峰」に抱かれているご当地です。お客さん丁度良いときに来た。今は「温泉祭り」の真最中です」

どこで叩いているのか祭囃子が聞こえてきた。権造が耳を澄ますと太鼓の音が武州野原文殊寺の祭りの太鼓と同じであるが、太鼓を叩くものが下手なのか祭り囃子の調和が取れていない。文殊寺の太鼓を若い頃から叩いていた権造には、耳が穢れる思いがした。

「あの太鼓を叩いているのは何者なぁんだ」

「おやっ、お客さん太鼓が判るのですか」

「太鼓は打つ者の心が響く、今太鼓を打っていつ者は邪心がある」

「スゲー人だ。太鼓の音を聞いただけでうっている人間の心が判るのじゃー、自分でも太鼓をたたく事ができますね」

「夢屋」の番頭は、権造を見てこの人は太鼓が判る人だから、今太鼓を打っている九龍の与太郎を止めさせて、この人に太鼓を打ってもらおうと考えた。

「お客さん。お疲れの所申し訳ございませんが。太鼓など打ってはいただけませんか、取っては申し訳が無いのですが、立派に太鼓が叩けたら「夢屋」の宿場女郎を好きなようにしてくだされ」

今までの権造であったら、女郎を餌にされたら、出来ないことも遣りかねない人間だが、今の権造は東尋坊で人間的境涯が普通の人より、一段も二段も高い位置に居る。夢屋の女郎を好きにしてよいという言葉は魅力がないわけではないが、自分には最初から無関係であると考えていた。

芦原温泉の「温泉祭り」は古来ら伝わる白山連峰に対する感謝と畏怖が、温泉街の者が身を清めてやらねば成らない祭りである。それ程、その温泉には大切な祭りを、温泉街のならず者である与太郎が取り仕切り、自分で神に捧げる太鼓を打っている。これでは、白山の山々の神々が怒ってしまう「夢屋」の番頭もそれが心配で会ったことも見たこともない権造に、神に捧げる太鼓を打つのを頼んだのである。権造は、宿の浴衣に着替えないで祭り囃子が、聞こえて着る「白山神社」に向って歩いて行った。「白山神社」に着くと気持ちよさそうに太鼓を叩いている者の顔を見ていた。

(ナンダー、あの顔は駆け落ちの杉浦が、駆け落ちした相手の女だか猿だか区別がつかないグループを追われたボス猿のような、落ちぶれて袖に涙がかかるときの様なツラをしてやがる・・・あんな者が叩いた太鼓では山の神様が怒りだす。止めさせないと芦原温泉全部に白山の神の祟りが怒るぞ。ヤバイな・・・・)

与太郎の傍に権造が近寄った。与太郎は権造の顔を見て、自分に何か因縁をつけに来た旅の渡世人又は、白山で修行をしていた修験者で修行が厳しくて逃げ出してきた半端行者ではないかと思った。

「おいっ、テメーは何者だ!」

細い眼を吊り上げ権造をにらめ付けた。

「おいっ、止めろ!」

夢中で太鼓を叩いていた与太郎は、さすが博打場で鍛えた権造の声に気がついた。

「人が良い気持ちで太鼓を叩いているのを止めろと言うのは誰んだ。止めろといわれたら♪♪♪秀樹の歌になってしまうじゃねぇーか。一体オイラに何か用事があるのかよ。この爺?」

「大有りだ!貴様ハンチクな気持ちで太鼓を叩くのじゃねぇーぞ。太鼓の音で神様が、和んでくれたり、怒ったりするのじゃ、貴様のようなクサレ太鼓の叩き方では白山大権現様が、気分を壊して山を震わせるぞ。神を舐めるのじゃねぇー

「爺、聞いたような事をノガクのではねぇーよ。オイラのような善人が、太鼓を叩けば白山の山神様が、気持ちが良くなり山の幸を沢山取れるように、してくださるのじゃ。ありがたやーありがたやーありがたやーありがたや」

「オメーは随分古い野郎だ。、判らねーだろうが、守屋弘のこの歌が流行ったのは、昭和三十年初期だ。現代なら古いと言えるが、ワシとオメーが今、生きている時代は江戸の末期だ。守屋の「ありがたや節」が出るのなら「僕は泣いちっち」だ。オメーが下手な太鼓を叩いて温泉民が白山大権現様のお怒りを貰うのが、ワシには泣けるのだ」

「それを言うなら叩いてみなよ!このくされ爺」

「悪たれをこくんではねぇーぞ。見たところ白山で修験の真似事をしていた馬鹿もーんに見えるが、神や仏はその辺にうじゃうじゃしいる。神仏を虚仮にする事は自分を否定することだ」

「拙僧には白山大権現様が付いている。大権現様の悪口をやたら言うと命がなくなる罰を与えられるぞ」

「お前は何年修行をしたのだ!修行の結果何を得る事ができたのだ」

「俺には人の後ろについている霊が何者であるかわかるのさ」

権造は、余りにも馬鹿げた事を言う修験者の顔をマジマジを見つめてしまった。その途端修験者の背後から狐が飛びでして言いったしかも、七尾の狐だ。

(ハハーン山の中で修行をしていると狐狸に取りつかれて狐狸の目で何でも見えてくるのだな。だが狐狸にはワシは騙せない。本来無一物でしかないワシだ。今まで見たくないものを多く見て、眼はただれかけているが、人の心を見抜く神通力は寧ろ現在は冴えてきている。この修験者も哀れなものよなー)

七尾の狐が部屋の中をうろうろして駆け落ちの杉浦のそっくりな細い目の顔をして猜疑心を丸出しにしている傍をいったり来たりしていた。

その光景を目の当たりにした権造は思わず不動金縛りの印をきり「えいっ」と気合を発した。その途端、修験者にも見えない七尾の狐の全貌が現れた。口まで避けた顔と爛々と釣りあげった眼で権造を睨んでいる。七尾の狐と権造の目と目は火花を散らした。

おもむろに権造は不動金縛りに為の九字の印をきった。

「臨兵闘者皆陳列在前」

七尾の狐は部屋の隅々に飛んで跳ねてよたよたしながら部屋の中央に倒れると口から血を吐き出した。

「ばれーたー」