011





















文殊院の権造

永平寺代参旅

東尋坊で覚る権造

東尋坊の由来や伝承は複数あるが大湊神社では以下のような由来を紹介している。東尋坊という僧は、怪力を頼りに、今までの権造の様に、民に対して悪事の限りをつくした。東尋坊が暴れ出すと手がつけられず、誰も彼を押さえることが出来なかった。東尋坊はまさにやりたい放題、好き勝手に悪行を重ねていたので、当然のように平泉寺の僧侶は困り果てていた。また東尋坊はとある美しい姫君に心を奪われ、恋敵である真柄覚念(まがらかくねん)という僧と激しくいがみ合った。

そんな寿永元年(1182年)45日、平泉寺の僧たちは皆で相談し東尋坊を海辺見物に誘い出す。一同が高い岩壁から海を見下ろせるその場所へ着くと、早速岩の上に腰掛けて酒盛りが始まった。その日は天気も良く眺めの良い景色も手伝ってか、皆次第に酒がすすみその内、東尋坊も酒に酔って横になり、うとうとと眠り始めた。東尋坊のその様子をうかがうと一同は目配せをし、真柄覚念に合図を送った。この一同に加わっていた真柄覚念は、ここぞとばかりに、東尋坊を絶壁の上から海へ突き落とした。平泉寺の僧侶たちのこの観光の本当の目的は、その悪事に手を焼いた東尋坊を酔わせて、高い岩壁から海に突き落とすことにあった。崖から突き落とされつつ、ようやくそのことに気付いた東尋坊であったが、もはや手遅れ。近くにいた者どもを道連れにしつつ、東尋坊はまたたくまに崖の下へと落ちて行った。

東尋坊が波間に沈むやいなや、それまで太陽の輝いていた空は、たちまち黒い雲が渦を巻きつつ起こり青い空を黒く染め、にわかに豪雨と雷が大地を打ち、大地は激しく震え、東尋坊の怨念がついには自分を殺した真柄覚念をもその絶壁の底へと吸い込んでいった。

以来、毎年東尋坊が落とされた45日の前後には烈しい風が吹き、海水が濁り、荒波が立ち、雷雨は西に起こり東を尋ねて平泉寺に向ったという。

東尋坊も由来について平泉寺の貫首から、聞いた権造は、心に感じる所が多くあった。暴力を振るいやりたい事をやった者の末は、東尋坊の様に地獄に真っ逆さまに堕ちる。自分の今までの人生を振り返り、自分を攻めざるは無かった。

(暴力反対だ!女を好きでもないのにコマスのも反対だ!喧嘩で人を殺めるのも反対だ!)

東尋坊の断崖絶壁の上に坐禅を組んだ権造である。海から吹く風は足を組んで坐禅をしている権造の体に容赦なく吹き付ける。座相を保つだけで大変である。だが、結跏趺坐(けっかふざ)した権造の坐禅は龍がとぐろを巻いているように磐石で、風にも負けず雨にも負けず、一日五合の米???あれっ!違ったかな。風の中で屹立していた。坐禅を続ける権造のヘットの中は、東尋坊の崖が怖いとか落ちたら死んでしまうとか、女が欲しいとか、金が欲しいとか、偉くなりたいとか、一切の欲望と言う欲望から着き離れて風の音も聞こえない静寂の心の世界に居た。一刻後、権造の頭の上をアホウドリが飛んできて二・三廻転すると「大きな糞」を頭の上にした。「べちゃ」と言う音で権造は、覚った。そして、権造は「偈」(げ)を履いた。「人間本来無一物」半眼をくっきり開いた権造は、最悪であった人相が変わってしました。まるで阿弥陀如来を痩せさせた様な顔つきである。結跏趺坐を解くとすくっと立ち上がり大声で海の向かい声を出した。

「アホウドリ・サンキュウ・ベリーマッチ」

アホウドリは、沖合いから、権造の声を聞き三羽で海上を舞いながら「阿呆・阿呆・阿呆」と泣いていた。アホウドリの返事を確認すると権造は、懐から短刀(やっぱ)を出して、今度は左手で髷の髻を掴むとやっぱの刃を当ててすっぱり切ってしまった。ザンバラ髪である。

(後は永平寺へついてから、五厘のバリカンで坊主にしてもらえばそれで良い・・・)