001




















天下布武

七徳の武王・織田信長

明智光秀惟任日向守

明智光秀は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。戦国時代織田信長の重臣の一人で、日本史のなぞといわれた本能寺の変を起こして事で有名である。

本姓は源氏で、後に朝廷より惟任の姓を賜る。家系は清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏の土岐氏支流である明智氏。通称十兵衛。雅号は咲庵(しょうあん)惟任光秀とも、妻は妻木熙子。その間には細川忠興室・珠(洗礼名がラシャ)嫡男光慶(十五郎)津田信澄室がいる。

青年期の履歴は不明なところが多く。通説によれば光秀は美濃国の守護土岐氏の一族で、土岐氏に代わって美濃国の盟主となった斉藤道三に仕えるも一五五六年(弘治二年)道三・義龍の争いで道三方であった為、義龍に明智城を攻められて一族が離散した。その後、母方の若狭武田氏を頼り後、越前国朝の倉義景に仕えた。

一五六五年(永禄八年)室町幕府足利義輝が三好三人衆や松永久秀に襲殺されるとその弟義昭が姉婿である若狭国武田義統の元に逃れ、更に、朝倉義景を頼ったことから、義昭の接待役を持つことになった。義景の母は若狭武田氏の出であり光秀の母は武田義統の姉妹と伝えられることから、義昭の接待役を命じられたといわれている。義昭が上洛を期待しても義景は動かず、そこで義昭は斎藤氏から美濃を奪取した織田信長に対し、京都に攻めあがって自分を征夷大将軍につけるよう、光秀を通じて要請をした。光秀の叔母は斉藤道三の夫人であったとされ、信長の正室である濃姫(道三娘)が光秀の従兄妹の可能性があり、その縁を頼ったとされている。

ルイス・フロイスの『日本史』や興福寺多聞院英俊の『多聞院日記』は細川藤孝に使える足軽・中間であったときされている。

一五六九年(永禄十二年)四月頃から木下藤吉郎・丹羽長秀・中川重政と共に織田氏支配下の京都周辺の政務に当たり、事実上京都奉行の職務を行う。各地を転職して、義昭と信長が対立を深めると、一五七一年(元亀二年)頃、義昭に暇願いを出すが不許可となる。同年比叡山焼き討ちで中心部隊として、武功をあげ近江国の滋賀郡(約五万石)を与えられ、一五七二年(天正元年)二月今堅田城の戦いをきっかけに義昭と袂を別って信長の直臣となった。同年坂本城を築いて居城とし惟任の賜姓と従五位下、日向守に任官した。

城主となった光秀は石山本願寺(高屋城の戦い。天王山の戦い)や信長に背いた荒木村重と松永久秀(有岡城の戦い。信貴山の戦い)を攻めるなど近畿各地を転戦しつつ、丹波国攻略(黒井城の戦い)を担当し、一五七九年(天正七年)までにこれを平定した。

この功績によって、これまでの近江滋賀に加えて丹波一国(約二十九万石)を与えられ計三十四万石を領し、丹波亀山城・横山城(元福知山城)周山城を築城した。又、家老の斉藤利光をして黒井城の増築をさせて氷上郡の領主とした。

京につながる街道の内、東海道と山陽道の付け根に当たる場所を領地として与えられることからしても、光秀は信長に信用されていたことがわかる。

又、丹波一国拝領と同時に長岡(細川)藤孝、大和の筒井順慶など、近畿地方の織田大名の総合指揮権を与えられ与力の所領を合わせると二四〇万石ほどになり、近年の歴史家は、この地位を関東管領になぞらえて『山陰・畿内管領』と呼ぶ者もいる。

一五八一年(天正九年)には京都で行われた信長の『閲兵式』である『京都御馬揃え』の運営を任された。

信長にこれほどまでに信頼されていた光秀がどうして主君である信長を本能寺で討つに至ったか、不思議に思わぬ者は居ない。

現在となり、本能寺の変についてその要因として、光秀の野望説・怨恨説・四国征伐回避説・ノイローゼ説・焦燥説・理想相違説・黒幕説・足利義昭説・朝廷説・イエズス会説・羽柴秀吉説・徳川家康説・その他の黒幕説などあるが、著者は正親町天皇を別にした朝廷特に公家説を採る。

一、    安土城内に作った天皇行幸の座である『清涼殿』が信長の住まいとする五層の天守から見下げる場所にありこと。

二、    暦の変更を朝廷に働きかけている。

三、    三職推認につき信長は朝廷に返事をしていない。

四、    馬揃えでは天皇並びに公家達を、武威を以って驚かせた。

このような事実が重なり、公家と誠仁親王が、光秀が信長と信忠を討った後、勅使で京都の治安維持をまかされた。光秀は直ぐに参内して、金銀子五百枚を献上している。

吉田兼見が当時の事情を記録しているはずであるが、当時を知る一級資料である『兼見卿記』が本能寺の変を挟んだ前後約、一ヵ月が欠けている。

疑心を抱かずには居られない。もう一度天皇及び朝廷が信長排除に動き出した要因について考察してみよう。

信長は内裏に取って代わる意志があると公家の近衛前久・勧修寺晴豊・吉田兼見が私欲を交えた邪な考えで、誠仁親王と正親町天皇に実しやかに自分達で想像をした信長の野望について上奏し、天皇は承諾をした。

安土城の行幸の間は信長が住んでいる天主から、見下げられている。これは天皇の権威を蔑ろにするもので信長は天皇の権威について不必要であると考えているのであり、暦の変更については現在使っている暦は過ちが多く百姓達が毎年作物の種を撒くのに、歴を見て遣らないで自然の動きを眺めて自分で判断をするという問題があり、朝廷では歴を変更できるのは天皇家だけであると唐の国の考え方をして、信長が天皇に取って代わろうとしていると見た。三職推任については尊王思想を抱いている信長としては天皇の信長に対する厚遇はありがたいのであるが、如何せん公家が、自分が天皇に上奏した結果であるとして、金銀を要求する者が、これでもかと多く信長は腹立たしく考えていた。

京都の馬揃えは毛利家の後ろ盾により即位をした正親町天皇は面目丸つぶれになる。高松城を包囲していた秀吉は毛利との和睦を進めてはいたが、信長は毛利家を滅ぼそうとしていた。従って、中国遠征前に正親町天皇を驚かせておく必要があった。

いずれにしても、朝廷からの要請はあったとしても光秀自身の野望も有った。信長に何をしても勝たないと自覚していたが、愛宕山西塔威徳院での連歌会で『「時は今雨が下しる五月哉 水上まさる庭の松山』上の句を己で詠み下の句を歓修寺晴豊が詠んだ時から光秀は覚悟を決めて腹を括るのだが、征夷大将軍になるという欲がある光秀には、己を捨てることが出来なかった。