『おとこ達の賦』の画像
 弥七との別れ、山蔵の病没、父親久五郎の死、愛別離苦の悲しみと無常感に嘖まれた栄五郎は、島抜けを決心した。 佐渡の山々に若葉が芽吹く頃、栄五郎は島抜けを決行した。佐渡に流罪となり、まる二年目の春で、栄五郎は二十七歳になっていた。 甲州郡内境村に永役名主天 …

↑このページのトップヘ