『おとこ達の賦』の画像
 天保四年(一八三三)長雨、冷涼の天候不順から飢饉は始まった。半世紀前に猛威を振った天明の飢饉と同様、天保の飢饉も、奥羽地方に甚大な被害を与えた。関八州でも例外でなく、上州でも不作が続いて、葛、蕨、野老(ところ)などを掘り、木の実を拾って、飢えを凌ぐありさ …

↑このページのトップヘ