『蝉が哭く「熟年夫婦の愛の物語」』の画像
蝉が哭く判  決熊谷市では汗が止め処も無く流れる季節である平成一九年五月二十一日午後一時、浦和裁判所熊谷支部三階第三法廷で大沼剛史の『過失致死罪』の裁判は始まった。人定訊問から始まり、起訴状の朗読を検事がした。検事は本来、有利となる表現はしないのであるが …

↑このページのトップヘ