『おとこ達の賦』の画像
」国定一家  天保二年(一八三一)一月吉日、大前田栄五郎と国定忠次郎の、四分六の兄弟分盃並びに、忠次郎の子分になる、重兵衛、文蔵、清五郎及び、百々の紋次から譲り受ける浅次郎、才市、秀吉、鹿安の親子盃が執り行われた。 式場は、紋次の家の二階三十畳の部屋で、 …

↑このページのトップヘ