『おとこ達の賦』の画像
栴檀は双葉より芳し  文化七年(一八一〇)二月初午の日(五日)、貞然の先代である、国定村・天台宗養寿寺二十一世住職・貞幹は、払暁夢を見た。蒲団の中で眠っていて、あまりにも躰が熱いので、目を開くと、そこには迦楼(かる)羅炎(らえん)を背にして、不動明王が、その …

↑このページのトップヘ