『游優』の画像
尾 張 名 古 屋 で の 渡 世 東海道を名古屋に向って旅をする栄五郎・栄次・和太郎の後ろには、秋の大きな大空が一点の曇りもなく広がっていた。常滑の三吉一家に草鞋を脱ぎ、賭場で遊んだり豊川で平井常吉と会って、上州とは渡世の執り方が大分違うと感じたが、唯 …

↑このページのトップヘ